整形外科

1. スポーツに関わる外傷、損傷や障害(スポーツ整形外科)
スポーツで起こった故障やケガ、またはスポーツ活動で体の一部に不調や不具合を感じている状態から、なるべく早く元のスポーツレベルに復帰することを目標に行います。医師の診断に基づいた様々な治療をはじめ、リハビリテーションやアスレティックトレーニングなど総合的にスポーツ選手をサポートします。

対象疾患

  • 投球肩障害
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • シンスプリント
  • 肉離れ
  • 足関節捻挫
  • Jones骨折
  • リスフラン関節障害 など
2. 一般的な整形外科疾患
スポーツクリニックとなっておりますが、スポーツ以外での外傷、障害など一般的な整形外科疾患も診察いたします。
痛みの原因を精査して、注射や運動療法を組み合わせて治療します。
同じ変形性膝関節症であっても、痛みの原因は各々異なります。たとえば、痛みの原因が「変形の場合」や「半月板の場合」、「靭帯の場合」などが考えられるので、まずは痛みの原因を探すことから始めます。そして、痛みの原因に合わせて、運動療法を中心に、ヒアルロン酸注射などを組み合わせながら改善を目指します。なお、人によって足の位置や形、立ち方あるいは歩行の癖などが異なるので、そういったことも考慮しつつ治療を行ってまいります。
変形性関節症に関しても自費診療を行っています。難治性の腱付着部症、靭帯障害に対しては自費診療として、再生医療法第3種に基づいた多血小板血漿療法(PRP)も行なっています。

対象疾患

  • 一般的な骨折全般
  • 脊椎疾患(成人脊柱変形、腰部脊柱管狭窄症、頚椎・腰椎椎間板ヘルニアなど、脊椎圧迫骨折)
  • 肩関節周囲炎、肩関節拘縮、肩腱板損傷
  • 変形性関節症 (肘、股、膝、足)
  • 関節リウマチ
  • 腱鞘炎
  • 肘部管症候群
  • 手根管症候群
  • ロコモティブシンドローム など
3. 骨粗鬆症
高齢化社会に伴い介護が必要な人口が増え続けています。骨粗鬆症を予防することで、将来の骨折リスクを減らし、介護の必要ない人生を送ることができるようになる可能性が高まります。したがって「定期的に骨粗鬆症の検査を受けること」や「運動して転ばない身体を作ること」が大切です。
骨粗鬆症は女性ホルモンの関係もあって、閉経後の女性に多い病気です。骨密度が減ってしまうことで骨折リスクが高まるので「骨量の維持を図ること」はもちろんですが、転倒をしないために「運動をすること」も重要だと言えます。また、50代以降になったら定期的に骨密度の検査を受けることもおすすめです。
当院では日常生活動作の低下する原因となり易い、腰椎圧迫骨折と大腿骨頚部骨折のリスクを検査するため、同部位の骨密度測定が可能です。また骨は常に代謝しており、この代謝回転は血液検査を行うことでチェックできるため、これにより適正な治療薬を選択することが可能になります。
将来の骨折を予防するためにも、定期的に整形外科を受診し検査していただければと思います。もし骨粗鬆症と診断がついた場合には、骨密度、代謝回転を参考に、重症度に応じた治療を行ってまいります。当クリニックで対応できる場合は内服薬や注射薬などで治療を行いますが、より専門的な治療が必要な場合は連携先の医療機関をご紹介させていただきます。
骨粗鬆症は早期の治療が大切になるので、違和感あるいは検診で低骨密度を指摘された時は、早めに受診してください。