リハビリテーション科

日常生活やスポーツへの早期復帰を目指して、理学療法士とアスレティックトレーナーが連携して復帰プログラムをつくります。
患者さま一人ひとりのニーズに合わせて、理学療法士とアスレティックトレーナーが密に連携し、治療にあたります。様々な機器を用いた治療に加え、関節の動きや柔軟性、筋力などをチェックして、痛みの原因に対するストレッチやトレーニングを行います。スポーツ選手にはアスレティックトレーニングを行うことで患部以外の部位も強化し、ケガをし難い体と動きを身につけることができます。
一般の方にもこの原理を活かした治療を行っています。スポーツ現場での経験が豊富な理学療法士が在籍しておりますので、ぜひご相談ください。
注) 当院は運動器リハビリテーションⅡを標榜しています。運動器リハビリテーションでは医療保険制度上、リハビリテーションが必要とされる疾患を診断、もしくはその疾患に対して手術が行われた日から起算して150日間リハビリテーションが処方可能です。基本的にはどの外傷、疾患であっても150日以内に終了となります。