専門治療

PRP 療法

当院での治療の流れ

治療費

30,000円(税別)/1回あたり
初診時には3,000円(再診時は1,000円)が別途必要になります。
PRP療法は、自費診療となります。(第3種再生医療等技術適用)

治療の流れ

採血・・・PRPの注入液を作製するため、通常10mlの静脈血を採血します。
分離・・・血液を遠心分離機にかけて多血小板血漿(PRP)を抽出します。
注入・・・患部にPRPを注入します。

※静脈血採血による合併症はきわめてまれですが、失神、吐き気、静脈炎、内出血斑、神経損傷を起こす可能性があります。
※PRP注入液を作製するために、塩化カルシウムを血小板濃縮液と混合する事がありますが、この操作は血小板を活性化し、成長因子を取り出すために必要不可欠なものです。
※注入部位に一時的に熱感または赤みが出ることがあります。また、PRP注入後、腫れや内出血が起こります。
※詳細につきましては、ご来院いただき、担当医にご確認ください。

PRP 療法とは

PRP(多血小板血漿)とは、「血液を固めるはたらき」と「組織の修復を促す成長因子を出すはたらき」を持つ血小板が多量に含まれている血漿のことです。PRP療法は、患者様自身の血小板を集めて体も傷んだ部分に注入することで、治りにくい慢性的な疾患や治るまでに時間を要する怪我や病気の治療に用いられます。
★自身の血液を元に組織の修復を促すため、副作用が少ないです。
★自己血液であるため、他人からの感染症の心配は基本的にありません。

このような方に…

PRP療法は、関節、腱、筋、靭帯、骨など運動器の大半に対して治療が可能です。整形外科の分野では、靭帯などを負傷した際に手術をせずPRP療法での治療を行い競技復帰をした選手も多く、メジャーリーガーの日本人投手が治療に用いたことでも有名で、トップアスリートからも注目されています。
※治療効果には個人差があります。
スポーツ外傷(肉ばなれ、靭帯損傷など)
組織の自己修復力を高めることで、怪我からの早期復帰を目指します。
スポーツ障害(テニス肘、腱炎など)
膝・肘・肩・アキレス腱などの腱や筋肉の慢性的な痛みの治癒を促します。
※症状により、適用となる疾患・治療が異なります。ご来院いただき、担当医に一度ご相談ください。
★当院での実績例
症例・・・ジャンパー膝、テニス肘、大腿四頭筋腱損傷など
競技例・・・サッカー、ラグビー、野球、相撲など

PFC-FD療法

当院での治療の流れ

治療費

140,000円(税別)/1検体あたり
初診時には3,000円(再診時は1,000円)が別途必要になります。

※PFC-FDは感染症検査(HIV・HBV・HCV・梅毒・HTLV-1)で陰性の方のみ提供可能です。検査の結果、提供不可が判明した場合、血液検査代(¥10,000税別)のみご負担いただきます。
※自費診療となります。
治療の流れ

採血・・・静脈より血液49mlを採血します。
分離・・・セルソース再生医療センター*に配送し、検査・加工をします。
※PFC-FD作成には3週間ほどを要します。
注入・・・患部にPFC-FDを注入します。

*セルソース再生医療センター(特定細胞加工物製造許可施設、厚生労働省認可)
※痛みや炎症(熱感、赤み、腫れ)を伴うことがあります。
※採血部及び注入箇所の一時的な痛み、皮下出血の可能性があります。
※採血部及び注入箇所に感染症が起こる可能性があります。
※症状によっては、複数回注射が必要な場合もあります。
(PFC-FD療法では、1回の採血で作成する量が多く、注入液の保存も可能です。)

PFC-FD療法とは

PFC-FD(自己血小板由来成分濃縮物)療法とは、PRPを活性化・濃縮したものをフリーズドライ化したもので、治りにくい組織の治癒を促す治療法です。

このような方に…

PFC-FD療法は、PRP療法と同様に運動器の大半に対して治療が可能です。1回の採血で作成できる注入液の量も多く、長期保存も可能なため、長期的に複数回の注射が必要な方にオススメです。
※治療効果には個人差があります。
変形性膝関節症や関節炎
血小板が出す物質によるはたらきで、以下の効果が期待できます。
1)関節炎に対する炎症を抑え、痛みを緩和する
2)軟骨のすり減りなどによる変形の進行を抑制する

メルスモン注射

当院での治療の流れ

治療費

メルスモン1A 皮下注射 1,500円(税別)/1回あたり

※注射部位の疼痛、発赤等や、悪寒、発熱、発疹等が起こることがあります。

メルスモン注射とは

メルスモンとは厚生労働省に承認を受けている〝ヒトプラセンタ“医療用医薬品のひとつです。国内の安全なヒト胎盤(プラセンタ)を原料とした『特定生物由来製品』に該当します。ヒト胎盤(プラセンタ)から豊富な養分を抽出したメルスモンを体内に注射することで細胞や組織の代謝機能を促すとともに、体が本来もっている自然治癒力を高める効果が期待できます。

メルスモンの治療効果

更年期障害による諸症状(のぼせ・冷え・不眠・イライラ・頭痛・疲労・肩こり・腰痛など)の改善。また、サンゴ、乳汁分泌の少ない方の治療に使われます。
・整形外科:関節痛、腰痛、肩こり
・婦人科:更年期障害、生理痛、生理不順、冷え性、月経不順
その他の効果
・免疫賦活作用:病気に対する抵抗力を高める
・活性酸素除去作用:活性酸素を除去し、老化を防ぐ
・抗アレルギー作用:アレルギーを抑える
・疲労回復作用:疲労の回復を促す
・美肌促進作用:シミ、シワ、ニキビを抑え、美白を促す