PFC-FD治療

PFC-FDとはPRP(多血小板血漿)を活性化・濃縮したものをフリーズドライ化したものです。血小板は傷んだ組織の修復を促す多量の成長因子を放出します。その血小板の成長因子を使って、治りにくい組織の治癒を促す治療法です。
PFC-FD療法
PFC-FD療法
PFC-FD療法
PFC-FD療法

PFC-FD療法とは

ご自身のPFC-FD(自己血小板由来成分濃縮物)を用いて、自己の治癒力を活性化させることが、この治療の目的となります。
血小板は傷の修復を担う血液成分のひとつで、その血小板を活性化・濃縮したPFC-FDを患部に注入することで、血管や細胞など新たな組織を構成するに必要なものが損傷部に集まったり新たに作られたりすることで、自己治癒力を高めるものです

  • 静脈より血液49mlを採取します。
  • セルソース再生医療センター(特定細胞加工物製造許可施設、厚生労働省認可)に搬送し、PFC-FDを作成(3週間要)します。
  • PFC-FDを注入します。
※痛みや炎症(熱感、赤み、腫れ)を伴うことがあります。
※採血部及び注入箇所の一時的な痛み、皮下出血の可能性があります。
※採血部及び注入箇所に感染症が起こる可能性があります。

PFC-FDの治療効果

適応

  • スポーツによる慢性的な膝、肘、肩、アキレス腱などの腱や筋肉の痛み
  • 加齢性変化による慢性的な膝、股関節、肩の痛み
※自己の治癒力を高める療法のため、自然な形の修復が期待できます。
関節、筋、腱、靭帯、骨など運動器の大半に対して治療が可能です。

治療費

1検体あたり 110,000円(税抜)

※PFC-FDは感染症検査(HIV・HBV・HCV・梅毒・HTLV-1)で陰性の方のみ提供可能です。検査の結果、提供不可が判明した場合、血液検査代(¥10,000税別)のみご負担いただきます。※PFC-FDは、自費診療であり初診コンサルト料金3,000円(再診時は1,000円)が、別途必要になります。