三鷹駅北口より徒歩7分、武蔵野市の整形外科・スポーツクリニックは

〒180-0006 東京都武蔵野市中町2-8-11 横河診療センター1階
三鷹駅北口徒歩7分

  日祝
9:00~13:00 9:00~
15:00
×
15:00~19:00 × ×

受付時間
初診の方:午前8:50~12:30 午後14:50~18:00
再診の方:午前8:50~12:30 午後14:50~18:30
【土曜日】8:50~14:30

クリニック代表(診療時間内におかけください)

0422-38-8015

リハビリ予約専用(診療時間内におかけください)

0422-53-8055

一般整形外科


骨、関節、筋肉、神経の異常を診断いたします。

丁寧な問診から始まり、患者様1人1人のお悩みや症状に合う治療プログラムをご提案いたします。

必要に応じて注射、内服、リハビリ、電気治療をしながら患者様と一緒に症状の改善を目指していきます。

当クリニックの名称はスポーツクリニックですが、スポーツをされていない方でもお子様からご高齢の方まで診療いたします。
一般の整形外科と同じように受診してください。

 

3つの特徴

細やかな問診

病名は同じでも、その症状の原因は患者様一人一人で異なります。
当院では、まず問診をしっかり行うことで、それぞれの患者様の問題点を診断し、それに合った治療プランを提供します。

 

ドクターの連携診療

当クリニックのドクターは整形外科の疾患であれば身体のどの部位の疾患でも診察可能でございます。
また、各部位に精通した専門ドクター(脊椎、股関節、膝、足、肩、肘、手)が在籍しておりますので、もし他の整形外科や整骨院に通っていて、改善が見られない方は、専門ドクターの診察を受けることで、良い方向に向かうかもしれません。

まずは一般診療におかかりいただき、ご相談ください。

根本治療

電気治療や湿布のみの治療の場合、治療をしてもすぐに症状が元に戻ってしまうご経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。当クリニックでは、痛いところの物療だけではなく、全身的な評価に基づいた運動療法やトレーニング、そして近年注目されているPRP(再生医療)のご提案も可能です。PRP治療は、変形性膝関節症・関節炎などの一般的疾患や、スポーツによる腱炎や靭帯損傷など、適応疾患についてご相談ください。
永続的な根本治療を目指して診療しております。

PRP治療のご案内ページ(準備中 しばらくお待ちください)

一般整形外科を受診される方の例

小学生から高校生のお子さま

「成長痛って治療は必要なのかな」「踵(かかと)が痛いと言っている」「体育の授業やスポーツは休ませた方がいい?」

成長期の場合、スポーツによって子どもが訴える症状は、腰、骨盤、股関節、膝、足、肩、肘などほぼ全身に出現します。また、中学生後半から高校生になると「疲労骨折」が増加します。これらはスポーツをする時のフォームや動きの癖が大きな要因となっていることが多く、そこに介入することで治療や予防につながります。

成長期スポーツ障害は軽傷のものは活動の休止により治癒できますが、進行したものは手術が必要となる可能性があります。医師が早めに診断することが重要となります。子どもが慢性的に痛みを訴えている場合は受診をお考え下さい。また急なケガや処置が必要な場合は直接ご来院ください。

痛みや凝りで
育児や家事が辛い

 
「長い間、肩こりに悩まされている。マッサージで一時的には楽になるけど…」
 
肩こりには理由があります。同じ肩こりでも原因は多岐にわたっており、「姿勢」、「運動のくせ」、「関節の位置関係」、「関節の動き方」、「肩周りの筋力」、「肩甲骨との関連」、「首・背中・腰・骨盤、、との関連」など。
電気や、マッサージなどで一時的にこりが楽になっても、根本となっている「個別の原因」が解決しない限り、肩こりは繰り返される可能性が高くなってしまいます。
当クリニックのドクターと理学療法士がその個別の原因を評価し、それに合った最適な治療方法を提案いたします。
 

最近、足腰の衰えを感じる

「最近つまづくことが多くなってきた」
「以前より長い距離を歩けなくなってきたな」
「他院では湿布を貼るように言われたけど、それ以外の方法ってないのかな」

 

痛みを改善するためには、湿布や内服により一時的に軽減させることも一つの解決策として有効ですが、当クリニックではその患者個人に合わせた運動療法によって改善させていくことも目指しております。運動により、普段の痛みにつながる根本原因(姿勢、筋力不足、身体の硬さなど)が少しずつ改善され、永続的に痛みを治癒・予防をすることができるようにサポートいたします。

「長い距離を歩くと痛みが強くなる」という症状がある方の多くは歩き方(フォーム)に問題があります。間違えたフォームで歩行をすることで膝に対して頻回に小さなストレスが蓄積されていることが主な原因となっております。正しいフォームと間違ったフォームではウォーキングの効果が大きく変わります。

デスクワーク、テレワークで背中や腰が痛くなってしまった

「テレワークが増え、首から頭にかけて痛みを感じる」
「長時間デスクワークをしていると腰や背中が痛くなる」

 

慢性的な整形外科疾患は、多くの場合進行性の病態です。そのため時間経過とともに症状が強くなり、治す過程も複雑になっていきます。それは、普段生活している中での、習慣やその人特有の運動方法などによって症状のある部位へのストレス(負担)が徐々に蓄積されていくのが、大きな原因となっています。硬くなり、動かなくなり、痛みになる。その初期段階の可能性があります。なるべく早い時期に治療をすることで、治療も比較的単純なものになり、早く改善することができる可能性が高くなります。

ご自分の身体の異変に気付いたら早めの診察をお願いいたします。

 

受診のご案内

ご来院日のご案内

月曜日から土曜日まで、
平日は休診日なく診療を行っています。

当ホームページより問診票の印刷が可能です

よろしければご来院前に問診票をご記入いただけますと、ご来院時の
受付がスムーズです。
ご来院いただいてからのご記入も可能です。

ご来院・受付

受付にて、健康保険証、各種医療証(お持ちの方のみ)、問診票(ご記入いただいた場合のみ)をご提出ください。

健康保険証をお持ちいただけなかった場合は、いったん全額(10割)負担でお会計となりますのでご了承ください。後日、保険証と全額負担の領収書をご持参いただけましたら差額をご返金いたします。月内にお持ちいただきますようお願いいたします。

 

お気軽にご来院ください

お電話でのお問合せ

0422-38-8015

<診療時間内におかけください>
平日:9:00~13:00/15:00~19:00
土曜:9:00~15:00
※日曜・祝日・年末年始は除く

武蔵野アトラスターズ整形外科スポーツクリニック

住所

〒180-0006
東京都武蔵野市中町2-8-11
横河診療センター1階

アクセス

三鷹駅北口徒歩7分

受付時間

平日:8:50~12:30
          14:50~18:00
土曜:8:50~14:30

休診日

日曜・祝日・年末年始

Facebook Twitterで
情報発信中!

Facebook