診療案内

当クリニックでは、スポーツ外傷・障害を中心に、一般的な整形外科診療まで幅広く対応しています。もしもスポーツによる故障・ケガ、あるいは日常生活での、痛みやしびれにお困りの際は、当クリニックまでご相談ください。
お子さまからご年配の方まで、それぞれの患者さんの身体に合った治療・リハビリをご提案させていただきます。
また、さらに専門的、外科的治療が必要な場合には、大学病院など連携している施設へ紹介をいたします。

1. 整形外科 (運動器科)

1-1. スポーツに関わる外傷、損傷や障害(スポーツ整形外科)
スポーツで起こった故障やケガ、またはスポーツ活動で体の一部に不調や不具合を感じている状態から、なるべく早く元のスポーツレベルに復帰することを目標に行います。 医師の診断に基づいた様々な治療をはじめ、リハビリテーションやアスレティックトレーニングなど総合的にスポーツ選手をサポートします。

対象疾患

  • 投球肩障害
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • シンスプリント
  • 肉離れ
  • 足関節捻挫
  • Jones骨折
  • リスフラン関節障害 など
1-2. 一般的な整形外科疾患
スポーツクリニックとなっておりますが、診療科は整形外科ですので一般的な整形外科疾患も診察いたします。
痛みの原因を精査して、注射や運動療法を組み合わせて治療します。
同じ変形性膝関節症であっても、痛みの原因は各々異なります。たとえば、痛みの原因が「変形の場合」や「半月板の場合」、「靭帯の場合」などが考えられるので、まずは痛みの原因を探すことから始めます。そして、痛みの原因に合わせて、運動療法を中心に、ヒアルロン酸注射などを組み合わせながら改善を目指します。なお、人によって足の位置や形、立ち方あるいは歩行の癖などが異なるので、そういったことも考慮しつつ治療を行ってまいります。
なお、自費診療として変形性関節症にはPFC-FD治療、難治性の腱付着部症、靭帯障害などには再生医療法第3種に基づいた多血小板血漿療法(PRP)を行なっています。

対象疾患

  • 一般的な骨折全般
  • 脊椎疾患(成人脊柱変形、腰部脊柱管狭窄症、頚椎・腰椎椎間板ヘルニアなど、脊椎圧迫骨折)
  • 肩関節周囲炎、肩関節拘縮、肩腱板損傷
  • 変形性関節症 (肘、股、膝、足)
  • 関節リウマチ
  • 腱鞘炎
  • 肘部管症候群
  • 手根管症候群
  • ロコモティブシンドローム など
1-3. 骨粗鬆症
高齢化社会に伴い介護が必要な人口が増え続けています。骨粗鬆症を予防することで、将来の骨折リスクを減らし、介護の必要ない人生が送ることができるようになる可能性が高まります。したがって「定期的に骨粗鬆症の検査を受けること」や「運動して転ばない身体を作ること」が大切です。
骨粗鬆症は女性ホルモンの関係もあって、閉経後の女性に多い病気です。骨密度が減ってしまうことで骨折リスクが高まるので「骨量の維持を図ること」はもちろんですが、転倒をしないために「運動をすること」も重要だと言えます。また、50代以降になったら、定期的に骨密度の検査を受けることもおすすめです。当院では日常生活動作の低下する原因となり易い、腰椎圧迫骨折と大腿骨頚部骨折のリスクを検査するため、同部位の骨密度測定が可能です。また骨は常に代謝しており、この代謝回転は血液検査を行うことでチェックできるため、これにより適正な治療薬を選択することが可能になります。
将来の骨折を予防するためにも、定期的に整形外科を受診し検査していただければと思います。もし骨粗鬆症と診断がついた場合には、骨密度、代謝回転を参考に、重症度に応じた治療を行ってまいります。当クリニックで対応できる場合は内服薬や注射薬などで治療を行いますが、より専門的な治療が必要な場合は連携先の医療機関をご紹介させていただきます。
骨粗鬆症は早期の治療が大切になるので、違和感あるいは検診で低骨密度を指摘された時は、早めに、気軽に受診してください。

2. リハビリテーション科

日常生活やスポーツへの早期復帰を目指して、理学療法士とアスレティックトレーナーが連携して復帰プログラムをつくります。
患者さんのニーズにあわせて、理学療法士とアスレティックトレーナーが密に連携し、治療にあたります。様々な機器を用いた治療に加え、痛みの原因に対するストレッチや関節の動きや柔軟性、筋力などをチェックして、痛みの原因に対するストレッチやトレーニングを行います。スポーツ選手ではアスレティックトレーニングにより患部以外の部位も強化し、ケガのしにくい体と動きを身につけます。一般の方にもこの原理を活かした治療を行っています。スポーツ現場での経験が豊富な理学療法士が在籍しておりますので、ぜひご相談ください。
注) 当院は運動器リハビリテーション2を標榜しています。運動器リハビリテーションでは医療保険制度上、リハビリテーションが必要とされる疾患を診断、もしくはその疾患に対して手術が行われた日から起算して150日間リハビリテーションが処方可能です。基本的にはどの外傷、疾患であっても150日以内に終了となります。

3. 婦人科(女性アスリート向け)

女性アスリートが直面するお悩みに対して女性医師(日本スポーツ協会公認スポーツドクター)がご相談に乗らせていただきます。
当院では外傷だけでなく、女性アスリートの婦人科領域における診療も行っております。生理痛がひどい(月経困難症)、生理前のいらいら、体重増加、むくみ、胸が張る等(月経前症候群)、3か月以上月経が来ない(無月経)、15歳になっても初経が来ない、試合に合わせて生理をずらしたい(月経調整)などでお悩みの女性アスリートの方は一度ご相談ください。また、女性アスリートを対象に検診(自費)も行っております。(婦人科問診、診療、身体測定、胸部レントゲン、骨密度測定、採尿、採血、エコー検査)
(第二、第四土曜日のみ診療しております。)

婦人科(女性アスリート向け)に関するQ&A

Q アスリートと婦人科ってどういう関係があるの?

運動によるエネルギー消費量が食事によるエネルギー摂取量を上回る状態が続くと、低栄養や低体重、ホルモン分泌の低下を引き起こします。この状態が長く続くと月経不順から無月経へと症状が進行していきます。また長期間の無月経はエストロゲン減少により骨密度が低下し骨粗鬆症や疲労骨折の原因となることがあります。

Q どういう場合に婦人科を受診した方がいいの?

15歳で初経がない場合を遅発月経、18歳で月経がない場合を原発性無月経といいます。また、BMIが17.5を下回る場合は月経不順や無月経になる可能性があります。3ヶ月以上月経がこない状態を続発性無月経といいます。これらに当てはまる場合には婦人科受診が必要です。

Q 無月経と疲労骨折の関係は?

疲労骨折に影響を与える因子は、身体の柔軟性や骨格のアライメント、骨量、ホルモン等の内的因子、トレーニング量・強度、技術等の外的因子に分けられます。これらの因子のうち、一般女性と比較し女性アスリートでは無月経の頻度が高く、低エストロゲン状態は骨量低下をもたらすため、無月経と疲労骨折には関連があると言われています。

Q 試合と重ならないように、月経をずらすことはできますか?

できます。月経調節は次回の月経のみを調節(早めるまたは遅らせる)する一時的調節法と、長期的な月経周期調節目的で低用量ピルを服用する継続的調節法があります。ピルは最大筋力(瞬発力)や有酸素性能力(持久力)には影響を与えません。

Q 月経前症候群や月経痛を改善できますか?

月経前の身体的・精神的不調や、月経痛のため、試合に最高のパフォーマンスが発揮できないことがあります。低用量ピルを継続的に服用すると、月経前症候群や月経痛は軽減します。月経終了直後から数日後に主観的なコンディションがよいことを自覚するアスリートが多いため、試合の前に月経を終わらせておくこともできます。

Q ピルはドーピング禁止薬剤ではないですか?

低用量・中用量ピルともに、現在はドーピング禁止薬剤ではありません。反対に漢方薬は副作用も少なく婦人科でもよく使われますが、複数の生薬の組み合わせであり、禁止物質が含まれている可能性があるため、アスリートでは気をつける必要があります。

Q 婦人科受診すると必ず内診がありますか?

まずは問診から始めます。必要があればクリニック内で内診や経腟超音波もできますが、希望されない場合には、内診はなくても処方は可能です。

【女性アスリートの皆様】

婦人科で出来るヘルスケアをより多くの女性アスリートに知っていただき、より良い競技生活、優れた成績、その後の健康な生活に繋げていただければ幸いです。